KANの死因は何?メッケル憩室がんのステージや闘病期間・入院歴は?

アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています

「愛は勝つ」の大ヒットで有名だった歌手のKANさんが、死去したことが報じられています。

本当に残念です。

そこで今回は、KANさんの死因は何だったのか、メッケル憩室がんのステージや闘病期間・入院歴について調査しました。

目次

KANが亡くなる!

「愛は勝つ」が大ヒットした歌手のKAN(かん、本名木村和=きむら・かん)さんが死去したことが17日、分かった。61歳。

引用元:スポニチアネックス

「愛は勝つ」で人気歌手だったKANさんが61歳という若さで亡くなったことが報じられています。

「愛は勝つ」の曲は発売後、オリコンで8週間連続1位に輝くなど、累計200万枚以上の売り上げ記録を挙げた大ヒット曲でした。

KANさんの葬儀はすでに親族と近しい人たちで済ませているという。

KANさんは、日本では数十例ほどしか症例がない「メッケル憩室がん」を公表し、闘病していたそうです。

引用元:X

KANの死因は何?メッケル憩室がんとは?

KANさんの死因は現在のところ公表されていません。

しかし、「メッケル憩室がん」を公表し、闘病していたそうです。

では、「メッケル憩室がん」とはどんな癌なのでしょうか。

メッケル憩室がんは、小腸にまれにできるメッケル憩室と呼ばれる突出部にできたがんのことです。

メッケル憩室自体が珍しく、通常は生まれつきのものです。さらに小腸がんも胃がんほど多くの症例があるわけではありません。そのためメッケル憩室がんは症例が少なく特にまれながんと認識されています。

引用元:Medical DOG

メッケル憩室がんの症状や生存率は?

メッケル憩室がんの症状は、一般的には無症状がほとんどです。しかし、まれに腹痛などの症状が現れることがあります。

引用元:Medical DOG

腹痛の場合は腸閉塞が代表的なもので、吐き気や嘔吐などが見られるという。

原因については症例が少ないことから、はっきりしたことは分かっていないという。

しかし、先天的な要因や遺伝的要因の可能性が挙げられるそうです。

生存率については、他のがんと同様で、早期発見されれば生存率は高く、進行や移転が見られれば低くなるそうです。

メッケル憩室がんは、無症状であることが多く、進行がんになることが多いため、発見が遅れるという。

メッケル憩室がんのまれさから正確な統計情報はありませんが、一般的に早期に発見された場合の5年生存率は、70%となっています。

引用元:Medical DOG

KANのメッケル憩室がんのステージは?

KANさんのメッケル憩室がんのステージについては、公表されておらず、不明でした。

ただ、メッケル憩室がん自体が無症状で見つかりにくいため、発見された時には遅れてしまっていた可能性もあります。

しかし、KANさんの死因については公表されていないことから、「メッケル憩室がん」が原因であったかどうかも不明です。

KANのメッケル憩室がんの闘病期間や入院歴は?

KANさんは、2022年秋に数週間腹痛が継続したことから検査を受けたところ、がんであったことが判明し、ツアーの中止などをしています。

その後KANさんは、2023年3月に「メッケル憩室がん」を公表しています。

そして、2023年4月に再入院し、5月に退院を報告していました。

このことから、2022年秋に最初の入院があったと思われます。

闘病期間は、2022年秋からですが、2023年5月には退院していますが、自宅療養されていたようです。

11月3日にはストリーミング配信をホームページで公表し、7日にはSNSを更新していたことが報じられています。

KANの死因まとめ

今回は、KANさんの死因は何だったのか、メッケル憩室がんのステージや闘病期間・入院歴について見てきました。

KANさんの死因は不明でしたが、メッケル憩室がんであることを公表していました。

メッケル憩室がんは、無症状であることが多く、がんの発見が遅れる可能性が高いようです。

心からご冥福をお祈りいたします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次